'; ?> FX|負けトレーダー返上!

FX

負けるトレーダーってどんな人?

相場に勝つ人のパターンは種々様々ですが、相場に負ける人のパターンは非常に似通っています。

 

為替市場やFX・バイナリーオプション市場・株式市場のFX初心者・株式ネットトレード初心者からベテラントレーダーを含めて、負けるトレーダーの1つ目の特長は勉強不足です。

 

例えばFXの場合の取引参加者は殆どがプロのトレーダーかベテラントレーダーです。

 

その様なFX取引にFX初心者が何の準備も勉強もしないで、いきなり参加することは非常に無謀なことです。

 

このことを非常に解り易く例えるとすると、普通の高校でサッカー部を経験した青年がいきなりJリーグのJ1の公式戦に出場する様なものです。

 

いきなり出場したJ1の公式戦では殆どボールに振れることなく、直ぐに途中交代させられてしまうでしょう。

 

しかし、自分から参加したFX取引の場合は途中交代させられることもなく、証拠金が無くなるまで売買を続けることになります。

 

つまり、誰でも自分がいきなりJリーグのJ1の公式戦に出場するのは無理なことは解っています。

 

しかし、為替市場やFX・バイナリーオプション・株式市場では、FX初心者や株式ネットトレード初心者がいきなり勝てるという妄想を抱いている場合が多いのです。

 

そこで、FX初心者・株式ネットトレード初心者の方はチャートやテクニカル指標の基本から勉強する必要があります。

 

本気で勉強する気があれば、1ヶ月も有れば十分です。

 

その後、デモ取引や少額のバイナリーオプション取引で相場のキャリアを積むと良いでしょう。

 

負けるトレーダーの2つ目の特長は、自分にはトレーダーとしての特別な才能が有ると思い込んでいる人です。

 

相場の世界で殆ど勉強もしないで直ぐに勝てる様な天賦の才能の持ち主は、千人に1人か万人に1人です。

 

殆どの人は自分なりの勉強とキャリアを積み重ねているのです。

 

負けるトレーダーの3つ目の特長は、チャートやテクニカルも解らない内にシステムトーレードに手を出す人です。

 

今のシステムトレードの主流はカスタマイズできるシステムトレードです。

 

従って、その時の相場や自分のトレードに無い部分を補うために、多くのトレーダーはシステムトレードを利用しています。

 

従って、1から10まで全てを丸投げする様なシステムトレードの使い方は間違っています。

 

もし、全てを丸投げして勝てるシステムトレードが完成したとすれば、そんなシステムトレードは全体に社外秘にして密かに自社のトレードだけに使うのではないでしょうか。

 

相場の世界では、他人を儲けさせる余裕など誰も持っていないということを知っておく必要があります。